2012年01月 - つくれ!!参参参板金 -

 

鉄チンホイル


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
結局買っちゃいました。
ネットでラス2、翌日には届きました。

ついでにその他の物資も購入。


残念ながらメッキ。


サンドブラストで落としました。


つや消し黒で塗装。
うーん、鉄チンらしくなった。


タイヤを装着。
外側はビードがハマらず、瞬着で固定。
ついでなので、
ホイルの穴もふさいで完全密封。
これで泥水が入る心配なし。
パンクの危険性はあるけど、
パンクしたら現地で修理しましょう。


キャップがハマらない。
ので、

キャップを切って、小さくしてはめました。
これでも大きくて無理がありますが、
まぁ良しとします。

AXIAL純正のホイルは、
スケール感がなくてすごく嫌いだったので、
良い感じになったと思います。

走行時に瞬着が取れなければいいけど。
まぁ、ビード落ちも現地修理で。


関連記事

デフ


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
リアはすでにオープンデフなのですが、
あっという間にグリスがこなれてスルスルに。
粘度の高いグリスを教えてもらったので、
早速ハウジングとデフを分解。


水中戦をしたにもかかわらず、
ハウジング内に浸水は無し。
グリスたっぷりが効いたようです。
ちなみにグリス充填をしなかった
フロントは中から水が出てきました。
リアはストレートでフロントはナックル。
その差もあるでしょうね。


グリスが重力に逆らってます。
写真の向きはあってます。
練り始めの水飴ぐらい硬いです。

ミディアムでも良かったかな?

手でおもいっきりこじらないとデフりません。
砂地ではロック状態?
こなれてくると違うかもしれないので
毎晩寝る前にこじってあげることにします。


最後にハウジング内に、
モリブデングリスをこれでもかってくらい充填。
一生掛かっても使いきれないほどの
モリブデングリスを買ったので、
惜しみなく使いました。
ネジを締める際にハミ出る程。笑


関連記事

miniQLO MOA RTR


Category: ラジコン > miniQLO
ラジコン熱 再加熱に便乗してもう一台。
ヨコモさんのミニクロです。


ヨコモ YOKOMO パームサイズロッククローラー ミニクロ miniqlo MQ-C02AY


今まで、別途必要だったメカ類を積み込み済みのRTR。
ナノクロのように、買って充電したらすぐに遊べます。
すごくいいコンセプトです。
このサイズだとRTRは必須だったのかもしれませんね。

バッテリーも内蔵ですし、充電システムもスマートで良い感じです。

120125ww1.jpg
セット内容は単純明快。
本体、プロポ、充電器。
他に必要な物は何もありません。

120125ww2.jpg
買ってきたら、付属の充電器で充電するだけ。
(カラではないので、充電しなくても走りますが。)

120125ww3_20120125232220.jpg
プロポもわかりやすいです。
ステアリング、スロットルに、ステアトリムとディグスイッチ。

MOAなので、電子式のディグ(後輪ロック)が搭載されており、
プロポのスイッチで簡単ディグ体験。
コレは面白いです。

120125ww4_20120125232219.jpg
サイズもとてもコンパクト。
ステアリングは、トイラジにありがちなオンオフではなく、
かなり細かく切ることができました。
これ良いなぁ。
1/10もコレで操縦したい。マジで。

このサイズの送受信機セットが出たら、
スケールに使いたいです。
でも、3chはウインチに変更してもらわないと。
(ペラシャのミニクロ用に送受信機セットが出たら1/10導入を考えちゃいます。)

120125ww5_20120125232219.jpg
シャーシは新造かな?
ボールが金属製になってとても好感触。
アッパー3リンクは素直で良いと思います。
リンクはとくに張り直さなくていい感じですな。

120125ww6.jpg
LOSIのマイクロ トレールトレッカー 1/24と比較の図。
タイヤ径こそ違うけど、混走可能なサイズです。
このプロポの大きさの違い。小さいのは良い。
LOSIはスケール改造向き、ミニクロはプチコンペ向き、
といった棲み分けでしょうか。

120125ww7.jpg
足回りにも各社の個性が出ていますね。
3リンクと、ほぼ並行のロアの組み合わせは、
良いチョイスだと思います。マジで。

ミニクロはパネルタイプのチューバー風なので、
外装はいじらずに、パネルのステッカーチューンがお奨めですね。
スペアタイヤ載せたくなっちゃいますが・・・・。

スケールで遊んでお昼ご飯後の一休みに、
プチコンペなんて楽しいと思います。
本体の改造無しの同じ条件でやっても良いし、
車体使い回しで、みんなでやっても良いと思いました。
スケールのフィールドそのままでいけると思います。

以下、スケール用フィールドでの走向写真です。
120125qq1.jpg

120125qq2.jpg

120125qq3.jpg

120125qq4.jpg

120125qq5.jpg

コレで、コンペするなら、タイヤウェイトの追加と
パネルデザインの変更のみで、
シャーシ性能は統一でやるのが面白いかな。
前回優勝者は、コックピットにウェイト追加。笑

ウォームギアなので、トップスピードがやや物足りません。
トルクを押さえて、トップスピードを重視した、
レイスのようなロックレーサーモデルとかも面白いんじゃないでしょうか。
ビューンと走って、バーンと飛ぶような。
って、壊れるか・・・・。




関連記事

ありがとうございます。


Category: 未分類
FC2ブログには拍手というシステムがあって、
お気に召した記事下部の拍手ボタンを押して頂くと、
そちらが累積されるようになっています。

過去30日の拍手累計を見ると、
意外にも量産型魂GMの拍手が一番多くなっております。
ブログを見て下さった方々の
意向をできる限り反映したいと常日頃考えておりますので、
GM系の記事を意識してアップしたいと思います。

現在、GM亜種の設計が完了し、
完成写真撮影用の組み立てを行っております。
近日中にアップしたいと考えておりますので、
暫しお待ち下さい。

追加武器&機体色違いの亜種となっております。
機体部分は色が違うだけなので、
組み立てのモチベーションが維持できず先延ばしになってしまっております。
が、必ず公開致しますので、もうしばらく、なにとぞ、お待ち下さいな。




関連記事

電子ブロックmini


Category: その他 > 物 欲













【送料無料】大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini)



大人の科学シリーズ電子ブロック EX-150 復刻版



関連記事

電飾


Category: ラジコン > AXIAL SCX10















関連記事

お休み


Category: ラジコン > AXIAL SCX10




関連記事

ビス交換とか


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


黒色スチールビスが
ほとんどサビていたので、
ステンビスへと変更しました。

タッピングの方は、
塗装されているので、
今のところサビは無し。
しばらく様子を見ます。


鉄チン風ホイル装着。

オフセットが足りず、
フェンダーとほぼツライチ。
ちょっと物足りないかも。


何よりもナックルアームとギリ。
これじゃぁ
アッカーマン0計画どころじゃ無い。
少しばかりスペーサーで逃がすかな。


ウインチフックはこんなのに変更。
ステン製で、小型なのに開閉操作が楽チン。
2段階変速ウインチを合わせて、
素早くお助けしますぜ。

ウインチ掛けるところの
良い金物がなかなか見つかりません。


関連記事

ナスカン


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


ステンレス製のナスカンです。

小さいながらも、結構強度があるので、
真鍮製のナスカンと入れ替えたいと思います。


関連記事

トレーラーに向けて


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


朝起きたら、何か落ちてたので
とりえあず、取り付けてみました。

何かを牽引したくなったので、
材料物色に出かけてきます。

前橋の旧サティのブックオフに、
プロレスラーとジャギの
中古品が売ってましたよ。


関連記事

お詫び


Category: ペパクラ > ペパクラ雑記
投稿をいただいている方々へ

できるだけおまけは早めに返信しておりますが、
PCを立ち上げる機会が少なく、
投稿作品紹介などが遅れております。
場合によっては、おまけの返信にも
しばしお時間を頂いている有様です。

気長にお待ちいただければ幸いです。
重ね重ね申し訳ありません。

最近、iPhoneとiPadでブログを更新し始めまして、
それ以来、パソコンを立ち上げる頻度が、
非常に少なくなってしまいました。


関連記事

ディンゴ最高


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
ディスカバリーに浮気しそうになりましたが、
とても格好いいディンゴを見つけてしまい、
やっぱディンゴだなぁと思い直しました。

で、
lovedingo.gif
LOVE DINGO です。




関連記事

ロックスライダー


Category: ラジコン > AXIAL SCX10

樹脂でも効果抜群だったのですが、
やっぱり金属製にしたくなったので、
銅パイプをロウ付けして見ました。

ステンレスとアルミは経験済みなのですが、
銅は初めてです。
銅用のロウは、他に比べて安いんですね。
これなら気軽に手を出せます。
1セットでかなり接合できますからね。


今回は5mmパイプをチョイス。
銅棒は高かったので、銅パイプで。
曲げ加工はベンダーを使用。
砂詰めたり、焼き戻したりは面倒なので、
直に曲げられる方法をチョイス。

接合部はしっかりとヤスリがけをして、
綺麗にしておきます。
フラックスを適当に乗せて、
バーナーでガーと炙ります。
耐火煉瓦の上でやりました。

フラックスが蒸発して、
その後、テカってくるまで加熱。
ロウでつついてやって、
くっつく感じがあればもうひといき。
適温になれば、
スワーっと溶けて勝手にくっつきます。
ロウを直接あぶらないようにすると
うまくいきます。
炙って置きロウにしてもいいけど。


ロウ付け後はワイヤーブラシを使って
よく水洗いしました。
塗装が定着するように、
ミッチャクロンで下塗りをしました。


細身だけどなかなかカッコいいです。


もう少し出した方がカッコいいかな。
その辺は走らせながら調整しましょう。

次回は、

全体的に銅で覆います。












関連記事



blogtop01.gif
01 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

12

02


 
GALLERY






110510nn0.jpg









 
ARTICLE
 
COMMENT
 


rcfjc.gif

dorosai2012.gif

lovedingo.gif

flocks.gif

agohige.gif

dokenste_20120121000719.gif



 
BLOG SEARCH
 

Archive   RSS   Login