チリモン - つくれ!!参参参板金 -

 


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



チリモン


Category: その他 > 物 欲
カネ上さんのチリメンモンスターことチリメンを購入してみました。

徳用上干ちりめんじゃこ大粒250gが800円ですから、
非食用のチリモンが200gで800円で、
ちりめんじゃことしては高価な商品です。

が、もちろんのこと、ただのちりめんじゃこではなく、
その中には多数のモンスターが潜んでいるのです。

ちりめんじゃこ200gというと、なかなかの量です。
110525rl2.jpg
数十グラムずつ取り分けて、

110525rl1.jpg
探索を始める子どもたち。

110525rl6.jpg
徐々に現れるモンスターたち。

110525rl3.jpg
ちりめんじゃこには入っていないはずの生き物たちがたくさん。

スーパーで売っているちりめんじゃこには、
モンスターが一匹も入っていませんが、
どうやってモンスターを取り除いているのかとても不思議です。

110525rl4.jpg
おおー、タツノオトシゴ!!
結局、1匹しか発見されないレア者でした。

乾燥しているとはいえ、常温での保管は厳しいだろうと思い、
110525rl5.jpg
クリスタルレジンという、樹脂で封印することにしました。

過去の経験から、2層に分けて硬化させることにしました。
沈む物を封入する場合は、1層目を固めてから2層目で封入。
浮く物の場合は、一層目に封入し、硬化してから2層目で閉じる。
110525rl7.jpg
チリモンは浮くので、
1層目に沈めて、1日放置して硬化させました。

少し立体感が出るように、2層目にもチリモンを沈めて再度硬化。
最後に3層目を流し込んで封印完了。

容器から外してみると、
110525rl8.jpg

110525rl9.jpg
気泡もなく、とても透明度の高い樹脂となりました。
(照明で反射しちゃって、うまく取れていません・・・。)
クリスタルという名は伊達ではありませんね。
混合比率さえ間違わなければ、
簡単に樹脂を作ることができます。

(2液性エポキシ樹脂なので、
樹脂の扱いは、大人がやってあげましょう。)

季節が変わると、入ってくるチリモンも変わるようなので、
また注文してみたいと思います。
地域の育成会のイベントとかでやったら面白いかもしれませんね。

食べてはいけませんと書いてあるのに、
残ったチリメンが異常に少ないのはなぜ?

だって、とても良い香りなんですもの・・・・。

関連記事




Comments

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
GALLERY






110510nn0.jpg









 
ARTICLE
 
COMMENT
 


rcfjc.gif

dorosai2012.gif

lovedingo.gif

flocks.gif

agohige.gif

dokenste_20120121000719.gif



 
BLOG SEARCH
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。