AXIAL SCX10 - つくれ!!参参参板金 -

 


Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ステッカー完成


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
正式版です。
120120oo1.jpg
製作サイズに合わせて、手直ししました。

人生泥だらけ

120120oo2.jpg
ヘアラインとノーマルで2種類作成してみました。




20120121JNBB


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
午前中にJNBBへ
DSC03022.jpg
焼き鳥フラッグ大活躍。
次回、ロゴ入りのフラッグを作りましょう。

DSC03024.jpg

DSC03025.jpg
ハイクリアランスナックル導入で絶好調のディンゴ

DSC03026.jpg
ナローボディを活かしたアタックがひかるFJ

DSC03028.jpg
ナイス!!

DSC03030.jpg
ヒルクライム

DSC03034.jpg
オイルレスショックのほうが、
車体の揺れがリアルで面白い。
車重を重くするのにも限界があるし、
足を柔らかくして車を揺らすのは有りかも。

DSC03036.jpg
やっぱりコンボイ

DSC03040.jpg
泥ー。

DSC03042.jpg
泥団子ー。

DSC03050.jpg
雪も残っていました。

DSC03057.jpg
天然の汚れは格好いい。
このまま定着させたいくらい。


午後は、エンルート藤岡に行って、
DSC03060.jpg
バッテリーを調達。
てんちょうさんと、クロカンの遊び方について、
アイディアを出し合いました。
いろんな遊びができそうです。楽しみ。


家に帰って、
DSC03059.jpg
おかしを積み込みました。

あと、
DSC03058.jpg
コストコで、超上級者用のピンクロキャップを入手!!


NEX-5にて動画を撮ったので、
ちょこっと編集してアップしてみました。
コンデジと違い、
撮影しながらの運転は無理なので、
三脚が欲しいところ。

ほとんど動画が無かったので・・・・・。




本日の様子は、
島工房 ラジコン日記
TLTでクロ中毒
でも紹介されています。




後始末


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
泥遊びの後は、お掃除が大変です。
タイヤの中は、泥水まみれ。

幸いにビードロックでは無いので、
バラして洗浄。
片側だけ瞬着してあります。

潰れも気になるので、
密閉して空気入りタイヤにしようかしら。

パンク修理は必須ですが、
それはそれで面白いかも。


タッピングは大丈夫なのですが、
ネジの方は錆びるようです。
ステンレスネジに変更します。

メンテの手間が少しでも減ると、
走らせるのも億劫になりませんからね。


鉄ちんホイル


Category: ラジコン > AXIAL SCX10

HPI ビンテージホイール TYPE1

これディンゴに付かないかな。
つや消し黒に塗ったらかっこいいかも。
見た目重視ならオフセット0だけど、
ナックルアームの納まりが
厳しそうなので6が現実的かなぁ。

hpiのHPには無いので、廃番?
またまた、探索ですな。
現物見ないでトライ&エラーも
それなりに楽しいけどね。


鉄チンホイル


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
結局買っちゃいました。
ネットでラス2、翌日には届きました。

ついでにその他の物資も購入。


残念ながらメッキ。


サンドブラストで落としました。


つや消し黒で塗装。
うーん、鉄チンらしくなった。


タイヤを装着。
外側はビードがハマらず、瞬着で固定。
ついでなので、
ホイルの穴もふさいで完全密封。
これで泥水が入る心配なし。
パンクの危険性はあるけど、
パンクしたら現地で修理しましょう。


キャップがハマらない。
ので、

キャップを切って、小さくしてはめました。
これでも大きくて無理がありますが、
まぁ良しとします。

AXIAL純正のホイルは、
スケール感がなくてすごく嫌いだったので、
良い感じになったと思います。

走行時に瞬着が取れなければいいけど。
まぁ、ビード落ちも現地修理で。


デフ


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
リアはすでにオープンデフなのですが、
あっという間にグリスがこなれてスルスルに。
粘度の高いグリスを教えてもらったので、
早速ハウジングとデフを分解。


水中戦をしたにもかかわらず、
ハウジング内に浸水は無し。
グリスたっぷりが効いたようです。
ちなみにグリス充填をしなかった
フロントは中から水が出てきました。
リアはストレートでフロントはナックル。
その差もあるでしょうね。


グリスが重力に逆らってます。
写真の向きはあってます。
練り始めの水飴ぐらい硬いです。

ミディアムでも良かったかな?

手でおもいっきりこじらないとデフりません。
砂地ではロック状態?
こなれてくると違うかもしれないので
毎晩寝る前にこじってあげることにします。


最後にハウジング内に、
モリブデングリスをこれでもかってくらい充填。
一生掛かっても使いきれないほどの
モリブデングリスを買ったので、
惜しみなく使いました。
ネジを締める際にハミ出る程。笑


電飾


Category: ラジコン > AXIAL SCX10















お休み


Category: ラジコン > AXIAL SCX10




ビス交換とか


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


黒色スチールビスが
ほとんどサビていたので、
ステンビスへと変更しました。

タッピングの方は、
塗装されているので、
今のところサビは無し。
しばらく様子を見ます。


鉄チン風ホイル装着。

オフセットが足りず、
フェンダーとほぼツライチ。
ちょっと物足りないかも。


何よりもナックルアームとギリ。
これじゃぁ
アッカーマン0計画どころじゃ無い。
少しばかりスペーサーで逃がすかな。


ウインチフックはこんなのに変更。
ステン製で、小型なのに開閉操作が楽チン。
2段階変速ウインチを合わせて、
素早くお助けしますぜ。

ウインチ掛けるところの
良い金物がなかなか見つかりません。


ナスカン


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


ステンレス製のナスカンです。

小さいながらも、結構強度があるので、
真鍮製のナスカンと入れ替えたいと思います。


トレーラーに向けて


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


朝起きたら、何か落ちてたので
とりえあず、取り付けてみました。

何かを牽引したくなったので、
材料物色に出かけてきます。

前橋の旧サティのブックオフに、
プロレスラーとジャギの
中古品が売ってましたよ。


ディンゴ最高


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
ディスカバリーに浮気しそうになりましたが、
とても格好いいディンゴを見つけてしまい、
やっぱディンゴだなぁと思い直しました。

で、
lovedingo.gif
LOVE DINGO です。




ロックスライダー


Category: ラジコン > AXIAL SCX10

樹脂でも効果抜群だったのですが、
やっぱり金属製にしたくなったので、
銅パイプをロウ付けして見ました。

ステンレスとアルミは経験済みなのですが、
銅は初めてです。
銅用のロウは、他に比べて安いんですね。
これなら気軽に手を出せます。
1セットでかなり接合できますからね。


今回は5mmパイプをチョイス。
銅棒は高かったので、銅パイプで。
曲げ加工はベンダーを使用。
砂詰めたり、焼き戻したりは面倒なので、
直に曲げられる方法をチョイス。

接合部はしっかりとヤスリがけをして、
綺麗にしておきます。
フラックスを適当に乗せて、
バーナーでガーと炙ります。
耐火煉瓦の上でやりました。

フラックスが蒸発して、
その後、テカってくるまで加熱。
ロウでつついてやって、
くっつく感じがあればもうひといき。
適温になれば、
スワーっと溶けて勝手にくっつきます。
ロウを直接あぶらないようにすると
うまくいきます。
炙って置きロウにしてもいいけど。


ロウ付け後はワイヤーブラシを使って
よく水洗いしました。
塗装が定着するように、
ミッチャクロンで下塗りをしました。


細身だけどなかなかカッコいいです。


もう少し出した方がカッコいいかな。
その辺は走らせながら調整しましょう。

次回は、

全体的に銅で覆います。












カゴ組み


Category: ラジコン > AXIAL SCX10








銅パイプで組んで見ました。

ディンゴも結構いいでしょ。


ディフェンダーもどき


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
カゴがほぼ完成したので、
仮組みをして見ました。

ついでなので、
ドリ車用のワイパーを装着。

見よう見まねでワイヤーを張って見る。
縞鋼板はCR-01のメカプレートか何か。

ここには4連フォグを搭載予定。
フォグは調達済みです。

タイヤが上に移ったので、
小道具たちをどう載せるかが、
センスの見せ所。難しいなぁ。

あまりにも色気がないので、
少しばかりステッカーを
貼りたいと思っています。

ウインチワイヤーは、
写真に映らなかったので、
1mmワイヤーの銀色に変更。
太くなったので1mしか巻き取れなくなりました。

ナローが気になったので、
ワイドハブでフェンダーから
5mmはみ出させました。
センターキャップが着かなくなったのは残念。
キャップ風のハブナットが必要かな。
空気入りタイヤはまずまずの感触。
たまに抜けるのがネック。
もっと潰れない方が良いので、
インナーで調節した方がいいかな。

シャーシは変更無し。
バッテリーが小さいので、
想像してたほどリアヘビーにはならず。
トップヘビーはかなりのもの。
タイヤ内にウエイトは
巻かないルールを自分に課せているので、
スチールホイルを採用して
バランスを取りたいところ。

と言った感じで、だいぶ出来上がってきました。
ボディ重量は相当のもので、
さすがに、ダンパーにオイルを
入れないと厳しいかもしれません。

組み上がったら、
一度試走して、
走りのバランスも
調整して行きたいと思います。

ディンゴ最高。



OP.345





間に合うか


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
今週末には走りに行きたい。



とりあえず


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
今週末に走れるようにだけしておきました。

まだ細かいところは手付かずですが。

梯子を設置。

フォグは側だけ取り付け。

タイヤは未固定。

まだまだいじる所はいっぱい。
長いこと楽しめそうです。


もっと曲がれるはずさ


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
せっかく切れ角があがったのに、
外輪はあまり切れていないのが気になります。
走らせてみると回転半径は
外輪に依存する気がするので、
(切れていないほうのタイヤに依存するのかも)
両輪ともに切れるように、
アッカーマンを0に近づけて見ました。
(切ってもタイヤが並行になる感じで)



とりあえず、生アルミで試作。



タイヤとのクリアランスがかなり厳しいです。
が、とりあえずこれを正規品として
塗装して仕上げてみようと思います。



ステアリングリンクはこんなに長くなります。
(上が今回のものの試作)
完全な0だと干渉は避けられないので、
自作した意味はあるかな?


小物


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
小物類の調達

ゴチャゴチャしたのが好き




アッカーマン


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
アッカーマンプレートをきちんと仕上げました。

やっぱり、ステアリングを切った時に、
タイヤが並行な方が、写真写りが良いし、
回転半径も断然良くなります。


リンク類はシュリンクして仕上げました。





外輪の切れ角はそのままに、
内輪をショックギリギリまで
切ることができました。

擬似LSDと相まって、
驚異的な小回りを演出してくれるでしょう。

日曜日は家族とワンコ4匹を連れて、
JNBBへ行ってこようと思います。


第一期完成


Category: ラジコン > AXIAL SCX10

まだまだ手をつけたいところは
たくさんありますが、
とりあえず一段落させて
走りに行きたいと思います。




フォグランプは8mm玉で6Vで2球、
抵抗無しですが、
頭を削って拡散球に変更。
計4発並べました。


タイヤはカラビナとワンタッチアジャスターで固定。


消灯時は黄色レンズのフォグ。


全体的に汚しをいれました。


はしご回り。


スコップは悩んだ末、
サンドラダーに固定しました。

細かいところは紹介しきれないので、
現物を見てから聞いてください。

あと、赤の5mm拡散、白5mm高輝度、8mm白超高輝度、単発用ミニ抵抗、
売るほどあります。
現地で声をかけていただければお譲りします。




早期撤退


Category: ラジコン > AXIAL SCX10




JNBBへ行って来ました。
が、あまりにも風が強いので、
すぐに帰ってきました。


車載カメラとして旧iPhoneを装着。
でも編集できるソフトが、
ウチにはありませんでした。


タイヤには空気


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
1気圧タイヤに重大な欠陥が…。
寒いと潰れてしまうんです。
密閉されているので、潰れっぱなし。
暑ければ膨らむんでしょうね。

これではまずいので、
タイヤ内の空気量を調整できる機構を
模索して見ました。

ついでなので、純正よりも
太いホイルをナロー加工。

サンダーを固定してホイルを回しながらカット。
ディスクの厚み分、2mmをカット。

これで純正ホイル並みの幅に。
ステアリング干渉を考慮してのナロー化なので、
前輪のみ加工しました。


ハンダコテで仮止めして、

溶かしながら溶着。
この後、空気がもれないように
接着剤で目地埋めもしました。

さて、本題の空気圧調整機構。
ホイルにバルブを設置するのは困難なので、
タイヤ側面から空気を入れることに。
用意したのは、100均のボール。

これのバルブのみを切り取り使用。

タイヤ側の穴は、

パンチで開けました。

ホイルとタイヤを再利用したので、
瞬着跡がかなり汚いです。
新品で作りたかったなぁ。

ボール用空気入れで空気を入れられます。
手のひらに収まる小型な空気入れを
購入してきたいと思います。

一気圧を維持するために使用するので、
そんなに入れないのですが、
試験を兼ねてあえてパンパンにして見ました。

苦労の割に効果はハテナですが、
面白かったので良しとします。


追伸
やっと手に入れたハイテック用のサーボホーン、

18mmタイプでした…。
延長するか…。


準備万端?


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
日曜日は玉淀に行ってきます。

運転手を交代。


泥汚れは定着させました。


タイヤの空気圧調整も良い感じ。


トレーラーは間に合わず。


バックフォグも未完成。

まだまだ未完成ですが、
初の岩場走行。
タイヤ性能の差が出ちゃうかな?


TAMAYODO


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
実車のFJクルーザーをこんなに見たのは初めてでした。
両手で数えきれないほどでした。


氷上ドリフト大会。






勝手に本日のコンデレ。





人が多すぎて、車だけの写真が
ほとんどありませんでした。


岩場で走ると、さすがに
サーボのBEC落ちが気になりました。


V字倶楽部結成!!


3つ裂きの刑。
悪いことはしていないのにね。



久々に大人数で遊んで楽しかったです。
本日ご一緒させていただいた方々、
ありがとうございました。
またメインジャッジのお二人、
お疲れ様でした。


氷上ラジコン


Category: ラジコン > AXIAL SCX10


川に氷が張っていたので、恐る恐る?走らせてみました。




FJ SCX10


Category: ラジコン > AXIAL SCX10
ようやくFJのトイラジボディが手に入りました。

凄まじい大きさの箱でやってきましたが、
使うのはボディのみ…。


模様はステッカーだと思いきや
全部印刷でした。
ヤスリがけするので問題ないですが。


ホイルベースは大幅に変更しなくちゃ…。
ラダーフレームの新造ですかね。


幅もかなり狭いので、
フェンダーでイカツクしましょう。


ミラーがゴム製なのは嬉しいです。


バラしっぷりはまずまずですが、
窓は一体整形でした。
赤いレンズは不透明なので電飾はNG。
型取ってクリアパーツを
新造も可能な感じの形状かな。
ヘッドライトはクリアレンズで電飾対応。
というか電飾されていました。

送料こみで8900円。
うーん高いボディになった…。
青もありましたよ。


追記
FJクルーザーは、CC-01に載せることにしました。
以降、CC-01 FJクルーザーのカテゴリーで紹介して行きます。





blogtop01.gif
07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
GALLERY






110510nn0.jpg









 
ARTICLE
 
COMMENT
 


rcfjc.gif

dorosai2012.gif

lovedingo.gif

flocks.gif

agohige.gif

dokenste_20120121000719.gif



 
BLOG SEARCH
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。